セラピストブログ

2019 / 01 / 03  21:43

エラの原因?!噛みグセについて。

エラが張ってて顔が大きく見えてしまうのが悩みだけど髪の毛で隠すのも限界があるんです(泣)
 
 
わかります(*´꒳`*)私も昔からエラが張り気味で顔が四角く見えてしまうのが悩みのタネでした。
 
もうこれは一生の付き合いになっちまうのかなと半ば諦めかけていた頃に出会ったのが当サロンの小顔矯正の技術でした。
 
 
もちろんうちのエンドリングフェイシャルで骨格調整をしていき小顔を目指していくんですが、自宅でも簡単に出来る小顔に導くセルフケアのお話しをしたいと思います。
エラが張ったように見える原因の一つとして咬筋の発達があります。咬筋とは物を食べる時に一番よく使う筋肉の事でこれが発達しすぎると顔を大きく見せてしまう原因になってしまいます。


普通に左右両方で均等に噛んで食べれていればまったく問題ないのですが、噛みグセというのがあって少なからず皆、物を噛む時に左右のどちらかの噛みやすい方で無意識に噛んでしまうクセがあります。
右ばかりで噛む人は右の咬筋が、左ばかりで噛む人は左の咬筋がどんどん発達していってしまい、それがやがて、顔のバランスにも影響してきたりもします。
ご自分のお顔を鏡でよ〜く見たらどちらかの側が出っ張っているかもしれません。
このクセを意識して変えていくだけでも小顔への近道になれますよ♪
思いあたる方はどうぞ試してみてください^_^